SAKKA no ZAKKA

SAKKA no ZAKKAの前を通る度、そこだけが暖かい空気に包まれているように感じていました。さてその理由は?オーナーの星野さんにお話を聞いています。

うちのお店は、その名のとおり、作家さんが作った手作り雑貨を販売するお店です。手作りのワークショップも開催、ギャラリーとして作品の展示も行います。自分自身が手作りが好きで、手作り市やギャラリーの展示会へ通い、好きな作家さんにお声をかけて扱わせていただくようになりました。
オープンは2009年4月、今年で7周年を迎えます。商品は、洋服、器、アクセサリー、小物、文房具、おもちゃ他…様々な手作りの物を置いています。

私は20代の頃から7年間、美術の教師として働いていました。 元々美術が好きで職業として選択しましたが、中学校の教師となると、授業よりもそれ以外の生活指導や体育祭等の学校行事で忙しく、教師という職業に挫折してしまいます。 その後、美術を再び学び直そうとワーキングホリデーでフランスへ渡り、 論文を読んだり「カフェと美術の融合ができないか?」などと構想を練っていました。 

半年間のフランス滞在から戻ってみると、同じく中学校の教諭をしていた主人の転勤が決まりました。 赴任先は、東京は東京でも伊豆七島の式根島!小金井公園程の大きさの島です。 行ってみれば、想像以上の素朴な暮らし。情報もない、刺激もない、ひたすら 日々の生活を繰り返す毎日。友人もいないので夫婦喧嘩をしても行く所がないし 実家に帰りたくても直ぐには戻れません。 今思えば、そんな情報のない暮らしの中でお店の構想を練ったのが良かったのかもしれません。ひたすら、「自分の中で何がやりたいか」を考え、決める事が出来ました。 

式根島で拾ったシーグラスで作ったネームプレート。修正ペンで字を書いただけ〜とおっしゃいますがとっても素敵です。子供さんの英語のお勉強にも使えそうなアイデアです!■式根島で拾ったシーグラスで作ったネームプレート。「修正ペンで字を書いただけ〜」とおっしゃいますがとっても素敵です。子供さんの英語のお勉強にも使えそうなアイデアです!

陶器の数字は「箸置き」です。お誕生日の日にちが一桁の人にプレゼントしたい。■陶器の数字は「箸置き」です。お誕生日の日にちが一桁の人にプレゼントしたい。

国立界隈は主人の地元であり、私は学生時代を過ごした街です。 中央線沿線でお店を探し、吉祥寺は街が大き過ぎるし国分寺は若者が多いし…。 のんびりとしたヨーロッパの雰囲気を持つ、ここ国立でのオープンを決めました。

sz7

お店には個性と愛情が溢れるもの達が集まっています。 手作りの物はパワー・エネルギーを持っています。作り手が悩んで、試行錯誤して作った思いが込められています。その魅力をお伝えしていきたい。 既製品よりは若干高いお値段でも 気に入っていただけたなら「少しがんばれば手が届く」価格帯にしておきたいと思っています。 大量生産する工業製品は機能面では優れていますので 手作りの品はある面では負ける部分もありますが、日々の暮らしを豊かにしてくれます。上手く取り入れていただけるようにご提案していきたいです。

ウイリアム・モリスの壁紙を使ったトートバッグ「REN craft」制作。布花をあしらったアートフレームもあります。「Les Yeux」制作ウイリアム・モリスの壁紙を使ったトートバッグ「REN craft」制作。布花をあしらったアートフレームもあります。「Les Yeux」制作

sz9

sz10

マフラー・アロマオイル・キャンドル他マフラー・アロマオイル・キャンドル他

本革のベビーシューズ「REN craft」制作。人生で最初の一足にいかがでしょうか。本革のベビーシューズ「REN craft」制作。人生で最初の一足にいかがでしょうか。

コーヒーフィルター各種。写真はコットン素材の物ですが本革製の物もあります「W・R・Z・K」制作。■コーヒーフィルター各種。写真はコットン素材の物ですが本革製の物もあります「W・R・Z・K」制作。

日常に簡単に取り入れられ楽しんでいただけそうな物としては、コーヒーフィルター入れがおすすめです。 様々な色や素材の組み合わせがあ、りそれぞれお値段が異なります。 自宅では本革のものを冷蔵庫にぶら下げて使っていますが、日常生活が少しグレードアップしたように感じられます。コーヒーを淹れるご家庭ならフィルターは必ずどこかにしまってあると思いますが、それをおしゃれに、見せる収納にしてはいかがでしょうか? 100円均一や大型量販店で購入した機能重視のシンプルな物の中に、アクセントとして手作りの作品を取り入れていただくと、全体の雰囲気がグレードアップし、おしゃれに見えるようになります。 人気があり売れてしまってオーダーしても、作家さんの中には「同じ物を幾つも作るのは嫌だ」とおっしゃる方もありますので、出会った時に連れて帰って下さいね。

 sz14

最近では手作りの物もネットで買えるようになって来て、画面を通してでも良さは伝わるんだなぁと思う反面、やはり手にとってみていただきたいから置いて下さいとたずねて来て下さる作家さんもいらっしゃいます。より作品の魅力をお伝えできる発信の仕方を考えていきたいと思っています。 自分のだけのお気に入りをみつけに、お散歩がてら是非いらして下さい。 よく行く国立のお店はカフェ「ひよこ豆」。美味しいですよね~♪

sz15

重い扉を手で開けて入るその瞬間に、突然知らない街へ入りこんだ様な?不思議な気持ちになりました。周囲よりも気温が高く感じるのは、一つ一つの作品の持つパワーが集まり、お店の外に溢れ出しているからかもしれません。インスピレーションを得たい時、感性を磨きたい時に訪れたくなるお店です。

 

国立駅からの道のり

基本情報

店舗所在地
〒186-0004 東京都国立市中2-3-6
営業時間
10:00-17:00
休業日
日・月曜定休(年末年始休業)
TEL
042-505-5323
ウェブサイト
http://sakka-no-zakka.com/