谷保天満宮例大祭

タイムスケジュール(予定)

【 9月15日(土)】
 獅子迎えの儀
 獅子頭に魂を入れこの日から古式獅子舞の稽古が始まる

【 9月22日(土)】
 獅子舞宵宮参り(午後8時より)
 氏子が提灯をもって参集し、高張提灯・金棒を先導に天満宮の本殿の周りを時計回りに三周する特殊神事

古式獅子舞(宵宮参り終了後)
 境内にて平安時代から伝わる古式獅子舞が舞われる
 
【 9月23日(日)】
 万灯行列(正午から)

獅子舞行列の先導を担う。各町会から一基ずつ参加し、子ども万灯も数基加わり 約12~13基が谷保駅ロータリーから谷保天満宮境内まで約2時間にわたり勇壮に練り歩く。

古式獅子舞(午後三時ごろから)
当宮で初めて舞われたのは、天暦3年(949)2月25日。村上天皇より獅子頭三基と天狗面を下賜されたときからと伝わる。国立市無形民俗文化財。
◆奉納吟(国立吟詠連盟)
◆神楽奉納・演芸(神楽殿にて)

 【 9月25日】
 例祭祭典(午前十時)


※このほか市内各所に神酒所が設けられ、22日と23日は全市が神輿などで賑わいます。