中野 由紀子『いつもの場所』

開催日
2020年3月20日(金・祝)~ 4月5日(日)12:00~19:00
会場
museum shop T(国立市東1-15-18 白野ビル3F)

所在なさげに見える生活風景の中のものたち。

週に2回7時間ほどいるこの場所には、本やものがたくさんあります。それらの中には作者の感覚や考えが詰まっていて、ここで静かに並んでいます。その整然としているまわりに何か気配がただよっているような気がするときがあります。
よく自分の作品に出てくるゴミ置場やゴミネット、朝起きた時のままになっている布団やパジャマ、干したままの洗濯物、少しほうっておかれた玄関先の植木。
所在なさげに見える生活風景の中のものたち。
それらの持つ雰囲気を、この場所でただよう気配の中に少しだけ持ち込みたいと思いました。


artist|中野 由紀子
region|国立市(東京都)
1989年東京都生まれ。東京都を拠点に活動。多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻油画研究領域修了。
生活の中や夢で見た気になる風景を、記憶を手繰り寄せながら浮遊感を感じさせる絵画作品を制作している。

作家在廊日:3月20日・4月5日

地域の文化と本のあるお店 museum shop T
https://t-museumshop.com/

店舗情報

開催日・期間
2020年3月20日(金・祝)~ 4月5日(日)
開催時間
12:00~19:00
日程・時間付記
定休:月・火曜
開催場所
museum shop T(国立市東1-15-18 白野ビル3F)
料金
入場料:無料
お問い合わせ先
地域の文化と本のあるお店 museum shop T
TEL: 042-505-9587