永井和美写真展『サル山物語』

開催日
2 月 2 日(木)~2 月 7 日(火)11 時~19 時(最終日は 17 時まで)
会場
国立・ギャラリービブリオ(国立市中 1-10-38)

ニホンザルたちの愛すべき表情としぐさ

一昨年の春に亡くなった永井和美さんが残した数多くの素晴らしい写真から動物写真家のさとうあきらさんが厳選。
上野動物園のニホンザルたちの愛すべき表情としぐさがギャラリービブリオを埋め尽くす写真展です。
キュレーションした さとうあきらさんが会期中、全日全時間在廊し、解説します。

永井和美=1990 年代、人間のさまざまな活動が原因で絶滅危機にひんする野生動物の存在を知ったことをきっかけに現状を伝えるために東京動物園ボランティアーズ(TZV)に参加。上野動物園、木曜班ニホンザル担当の班長として活動しました。その後「市民 ZOO ネットワーク」理事として、飼育動物の福祉向上を促すための各種活動を行いつつ、たくさんの写真を残しました。2021 年春没。

キュレーション=さとうあきら。写真集、出版物への写真提供多数のベテラン動物写真家。

店舗情報

開催日・期間
2 月 2 日(木)~2 月 7 日(火)
開催時間
11 時~19 時(最終日は 17 時まで)
開催場所
国立・ギャラリービブリオ(国立市中 1-10-38)
料金
入場無料
お問い合わせ先
国立・ギャラリービブリオ
TEL: 042-511-4368