リストランテ・ペル・アモール・ディ・カリッシマ

ブランダクジュン
生姜風味の菊芋のズッペッタとタジャスカオリーブ

リストランテ・ペル・アモール・ディ・カリッシマは、イタリア星付きレストランでの修業後、駐日イタリア大使館でマリオ・ボヴァ大使付き料理長を務めていた黒古 拓シェフが2013年に独立開業したイタリアンのお店。

アンナ・ボヴァ大使夫人と侃々諤々しながら、各国のゲストをもてなす日々が黒古シェフの腕を磨きました。ディナーを終えたゲストが「この素晴らしいイタリア料理を、本当にイタリア人以外の人間が、日本人がつくっているのか」と挨拶にくることも多かったのだとか。それは今なお黒古シェフが目指す“イタリア人も納得するイタリア料理”だったからこそのエピソードでしょう。

イタリア料理といえば、“家庭料理”、また、フルコースとなればいかつい男性でなければ食べきれないほどの量と重さのイメージが先行しがち。でも、カリッシマでは、洗練された本格イタリア料理を「女性でも余裕をもって召し上がっていただける」(黒古シェフ)適度さで楽しむことができます。

目の前に繰り広げられるお皿の美しさには、いつだってワクワクします。野菜やエディブルフラワー使いの達人シェフがお皿に描くのは、厳選素材で季節を彩り豊かに仕上げる、まるで絵画のようなアンティパスト。素材の思いがけない組み合わせや、そっと使われているスパイスの意外性に、それがまた素晴らしいバランスだけにのっけから「そうきたか・・・」と思わず唸ってしまいます。

ヤリイカ
ミント風味のアーモンドペースト カカオのアクセント

続くパスタやリゾットのプリモ、肉や魚のセコンド、テルツァ、ドルチェまで、「素材を知り、短所を取り除き、長所を伸ばす。おいしい一皿をつくるのが目的です。お客さまが笑顔になる、これを目指すため、いつも頭を使って多面性を持たせる料理を心がけています」(黒古シェフ)

「世界で自分しかつくれないイタリア料理を創造すること」。これは黒古シェフの人生の目標でもあると言います。その目標に向かって、日々イマジネーションを磨き、持てる力を100%出し切るよう一皿一皿に情熱を注ぎます。

キンキのソテー
ひよこ豆のソースとペストトスカーノ ラルド

黒毛和牛のロースト
ドライ ポルチーニのソースと黒トリュフ

プロシュットに巻かれた白身魚のロトロ
バジリコ風味のズッキーニのソース

そんな一分の隙もないシェフの皿たちは、マダムの玄人すぎないやわらかな空気感とともにサーブされます。この絶妙なバランスが、居心地のよい食事空間を完成させています。

ちょっとおしゃれなランチに、特別な日のお集りに、地元はもちろん、遠くから足を運んでいただいても、納得のレストランです。

ランチコース
・PRIMRA(プリムラ)2,500円(税別)
・GERBERA(ガーベラ)3,500円(税別)
・VIOLA(ヴィオラ)5,000円(税別)

ディナーコース
・Adesso(アデッソ)5,800円(税別)
・Momento(モメント)8,500円(税別)

いずれも要予約、コペルト(席料)700円。

※コース内容が変更になる可能性がありますので詳しくはお問合せ下さい

基本情報

店舗所在地
東京都国立市中1-10-32 Cube Kunitachi 2F
営業時間
【Lunch】 11:30 ~ 14:30(L.O.13:00)
【Dinner】 18:00 ~ 22:00(L.O.20:00)
要予約、コペルト(席料)700円
休業日
月曜定休、他不定休あり
TEL
042-575-6803
ウェブサイト
http://www.ristorante-carissima.com/

アクセスランキング