くにたち市民芸術小ホール

くにたち市民芸術小ホールは、約300席を備える舞台ホール、写真展などに便利なギャラリー、スリー・サイド・ステージのスタジオ、ダンス練習もできる音楽練習室、工作に便利なアトリエなど、国立市の芸術活動を支える公共施設です。

ホールではコンサートやダンス発表会などのほか、L-ACOUSTICS社の常設スピーカーを用いた迫力の映画上映会が開けます。国立がメインロケ地の『四月の永い夢』の試写会も行いました。

ギャラリーには大型の移動展示壁が備わり、153平方メートルの面積を最大限に使った余裕のある展示会を開けます。くにたち写真コンテストの表彰式も実施しています。

スタジオは3方向に70席の客席が広がり、ヤマハ製のセミコンサートグランドピアノ(C5A)を使った小さな音楽会や、落語の寄席などが開かれます。

またエントランスホールにはテーブル席があり、ここでは持ち込みの飲食ができます。無料のランチタイムコンサートがたびたび開かれ、親子連れで賑わっています。

基本情報

店舗所在地
国立市富士見台2-48-1
営業時間
9:00~22:00
休業日
第2・第4木曜日(祝日の場合は開館し、翌日を休館)、年末年始(12月29日~1月3日)、別に国立市教育委員会が定める日
TEL
042-574-1515
ウェブサイト
https://kuzaidan.or.jp/hall/