株式会社AKプラス

国立市内高級食品スーパーで販売されているレトルトカレー『国立薬膳カレー』をご存じでしょうか?『薬膳』といっても薬っぽい、苦いといった味気のないカレーではありません。30種のスパイスが効いたラード、小麦粉をつかっていない体にやさしいカレーです。常温でも脂が固まらないので、温めなくてもなめらかで美味しく食べれる優れもの。賞味期限は製造後2年なので保存食としても好評です。

このカレーを開発されたのは株式会社AKプラスの三上義邦さん、荒山勝三さんのおふたり。国立の小・中学校に通った同級生です。三上さんはヨーロッパの外資系企業、荒山さんは食品開発はじめ豆乳の国内基準の設定に尽力された食のエキスパート。きっかけはカレーが大好きな荒山さんが「胸焼けしないカレーが食べたい」とご自身のために作った味に三上さんが感動されたことでした。コンセプトは「健康に寄与できる」。そして今、『国立薬膳カレー』は三上義礼さんに「時代が変化しても長く販売できる商品にしたい」との思いとともに引き継がれています。
また、全国の展示会では『国立薬膳カレー』の販売をとおして『くにたち』の名前を広めています。

味はビーフ(690円)、ポーク(600円)、チキン(560円)、やさい(450円)の4種類。お料理好きの方にはルー(500円)もあります。(020年6月現在希望小売価格、税抜き)
『国立薬膳カレー』は紀ノ国屋(大学通り)、三浦屋(国立駅北口)、ザ・ガーデン自由が丘(nonowa国立west)、フーズマーケットさえき(富士見台店、さくら通り店、国立店)La SaCuLa(富士見通り)、とれたの(富士見台団地)、しゅんかしゅんか(中1−1−1)で販売されています。また、学園通りのレストラン「66食房」では業務用ルーを使った『国立薬膳カレー』が食べられます。(2020年6月現在)
「国立にお住まいのみなさんが健康で、おいしく食べていただきたい」という想いがたくさん詰まったカレーです。どうぞご賞味ください。

取り扱い販売店マップと住所はこちらをどうぞ。

紀ノ国屋
〒186-0004
東京都国立市中1-16-1
042-575-1111

三浦屋
〒186-0001
東京都国立市北1-5-8
くにたちの杜 プラース壱番館1F
042-573-2221

ザ・ガーデン自由が丘
〒186-0001
東京都国立市北1丁目14
nonowa国立west 123
042-505-9861

フーズマーケットさえき富士見台店
〒186-0003
東京都国立市富士見台2-45-1
042-576-3333

フーズマーケットさえきさくら通り店
〒186-0003
東京都国立市富士見台4-3-2
042-574-7888

フーズマーケットさえき国立店
〒186-0005
東京都国立市西1-11-6
042-573-8885

La SaCuLa
〒186-0004
東京都国立市中1-19-10
042-571-2244

とれたの
〒186-0003
東京都国立市富士見台1丁目7番地
富士見台団地1-1-103
042-573-3444

しゅんかしゅんか
〒186-0004
東京都国立市中1-1-1
042-505-7315

倶楽部六六食房
186-0002
東京都国立市東4-3-10
mk66court1F
042-574-9907

基本情報

店舗所在地
東京都国立市東1-15-33 ヒロセビル4F
休業日
土・日・祝日
TEL
042-843-8025
ウェブサイト
http://www.k-shokuhin.com/

アクセスランキング