アルトパッショ

アルトパッショは、イタリア・トスカーナの料理を楽しめるお店です。シェフの吾妻宏樹さんは福島県の出身。「福島や山形の料理は、トスカーナととても近いものがあるんです」と言います。

ポンテ・ア・モリアーノなど、トスカーナのいくつかの都市のレストランで修業をした吾妻さん。店名はルッカ市からほど近いアルトパッショというまちから名づけました。

ディナーメニューのスペルト小麦とうずら豆のスープ 1,300円(税込)。

ディナーメニューのリゾット アッラ フィオレンティーナ (鶏レバーのリゾット) 1,600円(税込)。

ディナーメニューの手打ちパスタ「パッパルデッレ」ウサギのラグー 1,700円(税込)。

ランチタイムは、自家製フォカッチャが食べ放題! お好きなパスタに、自家製ドレッシングのサラダと季節野菜のスープを加えて1,400円(税込)。写真は「スパゲッティ プッタネスカ(オリーブ、アンチョビ、ケッパーのトマトソース)」。

ディナーメニューのメイン「ホタテのソテー ジャガイモのピューレを添えて 」1,200円(税込)は、オープン当初からある人気メニュー。

ディナーメニューのメイン「仔羊のカツレツ」2,000円(税込)。

ディナーメニューの前菜「カルチョフィのフリッタータ」。カルチョフィ=アーティーチョーク、フリッタータ=オムレツの意味です。

ディナーメニュー、ランチメニューのメイン「豚肩ロースのグリル ディナー」ディナー」1,600円(税込)、ランチ1,400円(税込)。脇に添えている自家製ハーブ塩も好評です。

ディナーメニューの前菜「赤パプリカのスフォルマート」。赤パプリカのピューレに卵液を混ぜ、オーブンで湯煎焼きしたものです。トスカーナの定番は、赤パプリカやポロネギです。

「イタリアに行ってきた」というお客さま、「これからイタリアに行くんだ」というお客さま、「子どもがイタリアで働いている」というお客さま。イタリアに縁のある多くのお客さまが、アルトパッショにやってきては吾妻さんと話をしていかれます。

「『くにたち・イタリア商店の会』が新しく設立し、国立にいながらイタリアを感じられるようになりました。ぜひ一度、くにたちのまちのイタリアをめぐってみてください」(吾妻さん)

基本情報

店舗所在地
国立市 東1丁目17−20 サンライズ村田ビル103
営業時間
Lunch 11:30~15:00(L.O.14:00)
Dinner 18:00~22:30(L.O.21:30)
休業日
火曜
TEL
042-505-8312
店舗席数
18席(カウンター3席含む)
ウェブサイト
https://altopascio.exblog.jp/

アクセスランキング