銀座に志かわ国立店

国立駅北口徒歩2分にある「銀座に志かわ国立店」は2019年7月に、全国で11番目、東京では銀座、池袋の次にオープンしたお店です。販売しているのは食パン1種類のみです。アルカリイオン水を使ったきめの細かいしっとりしたパンです。味は甘め。隠し味にはちみつが使われています。お値段は864円(税込み、2020年8月現在)。店頭、電話、webで予約が可能です。


全国に71店舗を展開する「銀座に志かわ」ですが、パンのレシピをインスタグラムで紹介しています。

https://www.instagram.com/ginza_nishikawa/

パティシエの経験を持つ店長さんにお店について、お仕事について思いのたけを語っていただきました。

「この仕事をやっていて一番楽しいのはやはりパンを作っている時です。もともと一人で黙々と集中して作業をすることや物が出来上がっていく工程を見ていることが好きですね。
お客様とのふれあいの中でも楽しいと感じることはあります。お客様から「おいしい」「ここのパンしか食べられない」などの声を聴くとやりがいを感じます。この仕事の楽しさを実感できる瞬間の一つだと思います。先日、お客様から「今までバターを口にすると体調を壊すことがあったけど、ここのパンだとそんなことは全くない。ありがとう。」と言われました。にしかわのパンは国産にこだわり厳選したバターを使っていますが、実際にお客様の喜んでいただけている姿を目の当たりにして本当にうれしく思いました。
店長になってまだ5ヶ月目ですが、一番変わったのは責任感ですね。店全部のことを見ていかなければならないし、お客様のことも気になるし。まあとにかく全部大変です(笑)。休日も工房の状況やパンの出来、お客様の様子、販売状況などを考えていることが多いですね。商品に満足してもらえているか、喜んでもらえているか、毎日気になります。
国立店のスタッフのみなさんは本当にいい人ばかりで、それが仕事の楽しさに繋がっていることもあります。一人ひとりがとても意識が高く、お客様へのサービスや運営面での改善などをいつも提案してくれます。スタッフが真剣に考えて自分たちでできることを本当に一生懸命取り組んでくれているということをお客様に知ってほしいです。
人間関係が良く職場の雰囲気もとても明るいので、お互い支えあって作業を行ってくれます。夏の時期はオーブンでの作業は熱くて大変なのですがお互い助け合って、本当によくやってくれています。」

「今後は国立店としていろんなことにチャレンジしていきたいと思っています。新型コロナウィルスで社会のつながりの大切さが再認識されることがありますが、特にお客様とのつながりを感じることができるようなイベント等も企画してみたいです。同時にインスタやLINEなどを活用して情報発信にももっと力を入れていきたいと思っています。一人でも多くのお客様に「に志かわのパンがいちばんおいしい」と思ってもらえるようにこれからもがんばっていきます。
これからも国立の街のみなさまにいつまでも愛してもらえるようなパンづくり、店づくりを全力で取り組んでいきます。」

地図

 

基本情報

店舗所在地
東京都国立市北1-5-1 なるせビル1F
営業時間
10:00~18:00(売り切れ次第終了)
休業日
不定休
TEL
042-843-0360
ウェブサイト
https://www.ginza-nishikawa.co.jp/shop/kunitachi

アクセスランキング