四軒在家(しけんざいけ)古墳

古墳は皆さんご存知の通りで、大昔に権力を持っていた人のために作られたお墓です。
ここにあるのは四軒在家(しけんざいけ)古墳といって、この地域の長が埋葬されたお墓。
2001年に一度に10基もの古墳が発見されました。そのうちの1つだけが現在復元されています。
この古墳は7世紀前半ごろのもので、多摩川の河原の石をを積み上げて作られています。
7世紀前半は、世界的にみると隋の時代が終わったころまたは、ムハンマドがイスラム教を興したころというと伝わるでしょうか・・・。
一緒に出土した直刀や鉄鏃等の武器や、玉類の装飾品は先ほどご紹介した、くにたち郷土文化館に市指定文化財として収蔵されています。

国立駅からの道のり

基本情報

店舗所在地
〒186-0015 東京都国立市矢川3丁目-8-26

アクセスランキング