いたどりかふぇ

国立駅南口のロータリーから、富士山に向かってまっすぐに伸びている富士見通り。最近は、人気のスイーツ店やカフェが点在し、別名スイーツストリートと呼ばれるほどです。そんな富士見通りの先、国立音楽大学附属中学校・高等学校の手前にナチュラルな佇まいで存在している“いたどりかふぇ”。夏になると一面に蔦に覆われ、あまりの自然さに気がつかず通り過ぎてしまいそうなほどです。

以前、ナチュラル志向の建築家のアトリエだったということで、内装には土壁や木材など自然素材が使用されています。天然木の上には神棚らしきスペース。そしてなんと、竈(かまど)があります。

昭和な雰囲気がたまりません。以前は、お湯やご飯を炊いたりと現役で使用していたそうですよ。

看板メニューの「ベジタブルカレー」をいただきます。動物性の食品は一切使っていないビーガンメニュー。陰陽を調和する養生食「いんやん料理」のルールで作られているのだとか。自家製のピクルスもいいアクセントになっています。

ファイヤーキングのマグカップでオーガニックコーヒーをいただいていると、日常を忘れてゆったりとした気分になります。
ドリンクメニューは他に紅茶(ケニア産アッサム)、豆乳ミルクティー、りんごジュースなど。穀物コーヒーやルイボスティ、ほうじ茶はノンカフェインなので、妊婦さんでも安心ですね。

デザートはパウンドケーキやスコーン、アップルパイなど。この日はスコーンをお持ち帰りさせていただきました。スイーツは季節の素材でメニューがかわるのでお楽しみに。もちろん、国産・無添加の素材にこだわっています。

外から見て気になっていた丸窓。

室内から見るととてもかわいらしいですね。

お店は2014年にオープン。現在は朝9時からモーニングでトーストも出しているそうです。朝のお散歩途中に寄り道したくなりますね。

基本情報

店舗所在地
国立市西2-12-16
営業時間
9:00~18:00
休業日
月・火曜日
TEL
042-505-8977
ウェブサイト
https://www.instagram.com/itadoricafe/

アクセスランキング