パレード

par16手作り雑貨とアンティークのお店で名前が「パレード」と聞けば?可愛いもの、素敵な物が行進して来る…そんなイメージが浮かんでワクワクします。どんなお店なのでしょうか?店長の鈴木さんにお話を聞きました。

par111

自分自身がアクセサリーを手作りしているので、その仲間や知り合いの作家さんに作品を置いていただくようになりました。
アンティークのビーズやチャームを使って作る、シックなピアスやブローチなどは全て1点ものです。

par114

バッグ、ポーチなど手作りの布製品は使いやすくておすすめです。 アンティークの布を使ったパッチワークや刺繍を施したものなど、雰囲気があって可愛いです。小さいがま口タイプのリングケースはプレゼントに利用される方も多いですよ。

par119

ラベンダーのポプリが入ったサシェ(香りぶくろ)も人気です。有機栽培で育てたラベンダーを使用していてさわやかな香りに心が和みます。サシェのみとポーチ入りの2種類、お好きな柄の刺繍を選んでいただけます。

par109
輸入物のアンティークの主な仕入れ先は、友人や知り合いのディーラーが住んでいるイギリスとスイスです。長いお付き合いで信頼できる方々なので、相談しながらパレードの雰囲気に合う品物をセレクトしています。

気に入ったアンティークの品は、「飾って置く」のではなく、ちゃんと使っていただきたいと思っているので、品物の状態には常に気をつけて、使える物である事を確認していただくようにしています。お客様からのリクエストをお伝えし、探していただく事もあります。

par104

スイスの食器はどっしりとして素朴。ダークな色合いなのに可愛らしさもあります。木工品やバスケットなどのハンドクラフトにも魅力的な品がたくさんございます。

par103

気軽なアンティークの楽しみ方として、例えばスプーンを1本、お好きなものを選んでティーカップやジャムに添えてみるのはいかがでしょうか?カトラリー等はつい、家族の人数分を揃えたくなりますが、気に入った物を一つ、自分用にお持ちになるのも良いのではないでしょうか。
写真の大きいスプーンは形や装飾がクラシックで、サーバー用に使うと映えます。
海外ではカトラリーは色々な用途によってそれぞれ作られています。オイルサーディン用・フルーツコンポート用etc…面白い形がありますので見るだけでも楽しいですよ。

par107

お店に来てみていただいて、気になる物があったら聞いていただければと思います。
「いつの時代のもので、元々は何だったか?」背景を知ると使うのがより楽しくなると思います。時には何のために作られたのかわからない変わった物もあります(笑)100年前のインク瓶とか??想像したり、どうやって使うか考えるのも楽しいです。

par115

スイスの木のボタンは転写プリントされています。他ではあまり扱っていないので手芸の好きな方が材料にお求めになられます。スイスは色んな国と接点があり、各国の商品が集まって来ているんですよ。

par7

以前は同じ国立市内のアンティークショップの老舗で働いていました。
退職した際には、特にお店をやろうとは思ってなくて、「何の仕事をしようかなぁ…」とハローワークへ行ってみたりもしました。
ちょうどその頃、東北大震災が起きまして、雇用が不安定になるのを目の当たりにしました。ただ何となく探していても見つからない、業種や職種をしぼりこもうと「自分には何が出来るのだろうか?」と色々考えました。

そんな時、元々はギャラリーだったこの店舗が空き、次に入る人を探しているとのお話を聞きました。お隣にある卓球の専門店は学生時代に良く買い物に来ていた馴染み深い場所であり、北口のこの一角にはお店が集まっていて安心感を感じました。

高校生の頃から雑貨が大好きでお店を巡って歩いていた事を思い出し、「もしも自分がお店を開くとしたら…?」と作家仲間に話してみたところ、皆さんが賛成し協力を申し出て下さいました。
やると決めたら必死です!そこから床を張り替えたり、約3か月で準備を進め2011年5月に開店しました。採算までは考えずに創めてしまいましたが、無理のない範囲でまずは3年間続けて、地域で愛される店になることを目標に掲げました。まだまだ至らない部分が多いですが、無事に目標の3年をクリアし、2016年に5周年を迎えることが出来ました。「オープンして5年が経ったね!」と言っていただけると感慨深いものがあります。

par23

ここは2階なので最初は入りづらいかもしれませんが、ボタン1個¥180から置いているお店ですのでどうぞお気軽にお立ち寄りくださいね。こちらからむやみに話掛ける接客はしていませんが、お客様とのおしゃべりも大好きです!品物の事や、プレゼントのご相談など、お気軽にお声掛けください♪

「うちのお店は小さい物が多いかも知れません。」と鈴木さんがおっしゃる通り、小さくて魅力的な物が店内にちりばめられています。じっくり見ていて気がつくと2時間も経っていた!というお客様もいらっしゃるとか。可愛い、おしゃれなだけでなく、日常的に使い易い手作りとアンティークの品々に出会えるお店です。

基本情報

店舗所在地
〒186-0001 東京都国立市北1-12-2 松澤ビル2F
営業時間
11:00-19:00
休業日
月曜日+第2・第4日曜日
TEL
042-572-2886 
ウェブサイト
http://handantique-parade.com/

アクセスランキング